ドッグフードの選び方

安全で安心して受け取る国産のドッグフードの選び方について紹介します。

・無添加のドッグフードを選ぶ。
添加物は、発がん性があったり、蕁麻疹などアレルギー症状を引き起こす原因となったりします。
原材料の表示をチェックして、「赤色2号」とか「青色2号」とか「赤色40号」といった「赤色」「青色」「黄色」「緑色」などの表示がないかを確認しましょう。
これは合成着色料だ。
海外では激しい制限を合成着色料に設けているところがほとんどですが、日本はそこまで鋭くないため使用しているものもあります。
風味を良くする目的で香料を入れている国産のドッグフードも多いです。
これは犬にはかなり不要ものです。
着色料、香料は不使用のものを選ぶか、あるいは天然由来成分の着色料、保存料などを使用しているものを選ぶといいでしょう。

・第一主原料が肉や魚のものを選ぶ。
国産のドッグフードには、穀物中心のものが多いです。
穀物が多いと、消化不良を起こしたり、皮膚疾患の原因となったりします。
本来は穀物は不使用なものが理想的なのですが、国産のものにはだいたいないと思います。
そのため、原材料の最初にある第一主原料が、肉や魚のものを選べば、肉や魚を中心に製造されたドッグフードなので穀物が少なめになっています。

・「4Dミール」、「〇〇肉副産物」が使われていないものを選ぶ。
これらは質の悪い肉を使っているため、消化不良を起こしたり、アレルギーを引き起こしたりやるケー。

安全な国産のドッグフードの選び方のポイントをあと2つ紹介します。

・原材料の産地が中国産ではないものを選ぶ。
国産のドッグフードと言っても、原材料まで国産であるとは限りません。
原材料が外国産も最終のパッケージ工程を行った工場が日本国内であれば、国産品として表示されてある。
実に、国産のドッグフードのほとんどが外国産の原材料を使ってある。
安全の高さから国産のドッグフードに嵌る人は、原材料も国産のものをきちんと選ぶようにください。
しかし原材料の産地をよく記載しているドッグフードは多くありません。
唯一チェックができる方法としては「中国産の原材料不使用」という表示だ。
このように明言をしているドッグフードを選ぶといいと思います。
外国産の原材料全般を控えることはできなくても、中国産の原材料だけでも避けた方がいいだ。
国産のドッグフードは、外国産に比べて価格の安さも魅力となっています。
そのためコストを牛耳るために、原材料に中国産のものを使っていらっしゃる商品も少なくないです。
原材料の表示を敢然と確認して、原材料に中国産のものを使っていないドッグフードをできる限り見極めて選ぶようにするといいでしょう。

・商品のキャッチフレーズで判断しない。
良質なドッグフードを選ぶための一つの目安として、商品のパッケージがシンプルなものを選ぶといいかもしれません。
品質に自信をもって商品を提供しているメーカーは、わざわざシンプルなパッケージとしておる傾向があります。
キャッチフレーズやデザインがケバイドッグフードもたくさんあり、ついそちらに目がいってしまいますが、品質をパッケージでごまかしてあるケー。
原材料やキャッチコピーなどになじみのない食材が記載して生じるものは避けた方がいいと思います。参照サイト